相続税対策と不動産について

相続税はとても大切な手続きです。相続税対策を上手に行なうことがポイントですので、前もってきちんと調べておくといいでしょう。方法はたくさんあるのですが、所有財産の評価額を下げることも一つのポイントです。土地や建物などの不動産は、利用状況に応じて評価減がありますので、ぜひ活用しましょう。更地で土地を所有している場合は、建物を建てると相続税評価額を大きく下げることができます。アパートやマンションなどを建てて賃貸経営をすると、相続税対策にもなります。不動産は立派な財産ですので、上手に利用していきましょう。

賃貸不動産購入前に注意すること

投資用の賃貸不動産を購入する場合、物件がある場所に注意しましょう。人口が増加傾向にある自治体であっても、今後その増加に歯止めがかかってしまい、あるときから減少に転じ始めてしまうと、なかなか借り手を見つけるのが難しくなり、賃料の値崩れが発生してしまうことになるでしょう。投資は、経済的な情報なども含めて、今後人口の増加が見込まれる地域をしっかりと調べてから購入を決めることが肝心です。賃貸営業をしている不動産会社の担当者の言葉だけを信じてしまうと、後々ローンの返済に困ってしまうことになるので注意が必要です。