注文住宅を購入するワケ

建売や注文住宅を購入する場合には、双方の違いを認識する必要があります。前者には価格が割安である、購入前に実際の物件を確認できるといったメリットと、ローコスト主義による見かけ優先で構造部分に不安のある場合があるというデメリットがあります。また後者には間取りなど自由に出来る、建築過程を確認できるといったメリットと、費用が割高なことや完成した家がイメージとズレていたというデメリットがあります。一昔前より注文住宅の相場は下がっているので、予算が許せばお勧めです。

住宅をどうするかで変わること

長きにわたり住む家は、どんな住宅がいいでしょう。新築ですか。それとも、中古ですか。多くの日本人が新築を好みます。ところが、視点を変えて、中古について調べてみると、新築にはない魅力がたくさんあります。まず、購入代金が安く済みます。保存状態の良い家がほとんどなのに、新築より、3割4割は安いので、支払う住宅ローンはだいぶ安く済みます。新築では無理で諦めかけていた憧れのエリアも、中古だったら購入できるかもしれません。安く購入できた分をインテリアに回すこともできるので、中古も新築同様メリットがたくさんあります。